質のいいクレンジングオイルがメイクを落とすにはベストな理由。

毛穴の黒ずみに悩む人は、クレンジングをオイルでというと「え!?」と思うかもしれませんね。長い間私もそうでしたし、ネットでも毛穴ケアにオイルはNG!という記事をよく見かけます。オイルにも色んな種類があるのに・・・。

実際ドラッグストアに行けば、安価なクレンジングオイルがズラ―っと並んでいて、いかにも毛穴に効きそう!なキャッチコピーで売られています。

そういうクレンジングオイルの成分を見ると、「ミネラルオイル」がトップに表示されてます。ミネラルオイルは、ワセリンやベビーオイルにも使われていて安全性が高く、肌表面に膜を作り、肌を保護してくれるのです。

しかし、クレンジングとして使用する場合、肌表面にオイル成分が残り、きれいに落とそうとすると何度も洗顔しなければいけなくなります。しかも、ミネラルオイルはオイル同士でよく混ざり合う性質ゆえ、肌の皮脂までも必要以上に取り去ってしまいます。

メイクと混ざり合ったミネラルオイルは、肌の皮脂を必要以上に取り去り、おまけに肌表面に残り毛穴をふさいで、肌を乾燥させてしまいます。

✖『毛穴のためにクレンジングオイルは絶対やめたほうがいい』

〇『毛穴のためにミネラルオイルベースのクレンジングオイルはやめたほうがいい』

が正しいです。

水をはじく、人の肌は、油性。なのでオイルベースのクレンジングの中でも、質のいいオイルを使えばいい・・・のです。

では質のいいオイルとはどういうものを言うのかというと、酸化しない油脂です。抗酸化成分のビタミンCやビタミンEをたっぷり含んだオイル、

米ぬか油、アルガンオイル、アボガド油、マカダミアナッツオイル

以上のオイルは、肌によく馴染み、油脂がメイク成分を溶かして、水に流れやすいので肌に優しい。皮脂と同じ成分なので、肌に残っても酸化しないのです。

オリーブオイルを使う方、意外と多いですが オリーブオイルは、抗酸化物質を含まないので酸化しやすいオイルです。(実はクレンジングが無くなった時、食用クレンジングオイル使いました、笑)

オイルクレンジングに拒否反応がある人、実際ほんとにたくさんいるでしょうが、肌が乾燥するからオイルは使わない!という人も、ほんと使ってみて!って思います。

私が使った抗酸化油脂系クレンジングオイル

以下の二つは、実際私が使用しました。メイク落ちがいいことはもちろん、使用後は肌がやわらかくなります。ダブル洗顔も必要ありません。

AGB クレンジングオイル 150ml

米ぬか油とピュアアルガンオイル10%配合も配合して、3000円程度の値段。超超コスパも良し、肌にも良しのオイルクレンジング。

配合されている界面活性剤、「トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル」「イソステアリン酸PEG-3グリセリル」は極めて刺激の少ない非イオン系。製造元が「日本緑茶センター」!

【原材料・成分】 コメヌカ油、トリイソステアリン酸PEG-20 グリセリル、アルガニアスピノサ核油、イソステアリン 酸PEG-3グリセリル、アルニカ花エキス、フユボダイジ ュエキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、セ ージ葉エキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオ イ花エキス、トウキンセンカ花エキス、スギナエキス、 カミツレ花エキス、スクワラン、トコフェロール

CeraVeilセラヴェールプラチナムクレンジングオイル

高級マカデミアナッツ油主成分のクレンジングオイル。とにかく肌が柔らかくなる効果あり。ケアをしすぎて硬化した角栓毛穴を柔らかくし、ふっくらとした仕上がりです。毛穴のためのオイルクレンジングといっていいくらいです。

【原材料・成分】 マカデミアナッツオイル配合。 石油系オイル不使用・合成オイル不使用・無防腐剤・無香料・無着色・無エキス・無精油 マカデミアナッツ油、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、スクワラン、トリイソステアリン酸PEG-3グリセリル、コメヌカ油、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、アボカド油、トコフェロール

参考:

https://ameblo.jp/rik01194/

「正しいエイジングケア辞典」by吉木伸子

「スキンケア基本辞典」by吉木伸子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です