なぜ毛穴がたるんでしまうのか?たるみ毛穴の原因とは?

更新日:

自分の顔を鏡で見た時に、毛穴が開いていてショックだったという経験はないでしょうか?通常は、特別に目立つことのない毛穴ですが、気がつくと目立ってきていてがっかりすることがあります。
毛穴は単純に「毛が生えている穴」というわけではなく、皮脂を分泌し肌に膜を作り肌保護したり、汗や皮脂と一緒に老廃物を排出したり様々な役目があります。毛穴から出る皮脂が適度であれば皮膚のpHバランスが保たれ雑菌の増殖を抑えるなど、美容と健康に必要な機能を持っています。
しかし、過剰な皮脂の分泌や乾燥などが原因で毛穴はひらいてしまいます。目立つ毛穴の種類には、角栓が詰まることで起こる「黒ずみ毛穴」、過剰な皮脂の分泌で起こる「開き毛穴」、乾燥が原因で起こる「乾燥毛穴」、そして肌の老化によって起こる「たるみ毛穴」などがあります。
たるみ毛穴は、スキンケアをしているにもかかわらず毛穴が目立ったり頬に縦長の毛穴が目立ったりするのが特徴です。
通常、肌はコラーゲンやエラスチンを備えて肌のハリを保っています。そのコラーゲンやエラスチンが加齢とともに減少し肌のハリを保ちにくくなり肌がたるんでしまいます。肌がとるむと毛穴の周りも陥没した状態になり、重力の関係で毛穴が下がって楕円形に広がってしまいます。
たるみ毛穴で悩む人は、喫煙者や冷え性であることが多いです。喫煙や冷えは血行不良を助長し、肌に栄養が行きわたらない状況を作っています。栄養不足の肌は弾力が失われ毛穴が開く原因となります。
皮脂が過剰に分泌されると毛穴は開きますが、脂っこい食事や甘いお菓子を好んで食べる人は皮脂の分泌が多い傾向があります。酸化した皮脂である過酸化脂質が詰まっても毛穴は開いてしまいます。
肌はターンオーバーが乱れると弾力を失いたるみを引き起こします。睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げターンオーバーを乱す原因となります。
また、男性ホルモンの分泌が多い人は、皮脂腺が活発になり皮脂の分泌が増えるため毛穴が大きくなりがちです。
健康な肌は豊富な水分量を保っていますが、水分が不足すると肌は弾力が低下します。水分不足は紫外線などの外部から起こるほか、ストレスや偏った食生活、不規則な生活などの生活習慣によるものがあげられます。
そのほかにも、顔の筋肉である表情筋が凝っていると、血行が悪くなり外側の皮膚がたるんでしまいます。
たるみケア穴が進行すると、開いた毛穴が繋がってシワのようになる「帯状毛穴」の状態になります。

-未分類

Copyright© 毛穴の開きや黒ずみ、たるみのケアってどうすればいいのっ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.